忍者ブログ
#DreadTCG , #ZX_TCG , #moncolle , #モンコレTCG

「みんなのデッキ募集」風に。

 

■デッキ概要

・デッキ名:赤青マルス(SeasonⅣ限定構築)

 

キャスター(2)

4B-001 旭 チヅル

4B-003 アガサ・ベネディクト

アイドル(8)

4B-011 アマテラス

4B-012 ヘラ

Sユニット(20)

4A-029 アルキッペー

4A-032 カサンドラ

4A-033 ガレア

4A-037 プニュス

4R-022 クリス

-

-

Mユニット(4)

4A-031 エリス

-

-

コード(18)

4R-061 神通力 金剛

4R-062 神通力 雷火

4R-063 神通力 烈風

4A-072 エリスの復讐の大鎌

4R-065 アポロンの降り注ぐ矢

-

-

 

◆デッキ選択理由
・負け筋が明確だから()

 

◆デッキの主軸

・《アマテラス》:突然死しない。
・《エリス》:突然死し難い。
・《烈風》:Ac眼光として使い易い。

 

◆デッキの相性

・得意なデッキ:オーディン(剣のルーン不採用型)。
・苦手なデッキ:青黒マルス(アルテミス型)。

 

◆ギリギリ不採用・枚数削減のカード

・《オオゲツヒメ》:軽減効果は消せない。

・《フラゲッルム》:コストに困ることが多い。

・《アテナの煌めく盾》:《アンスル》に消される。

 

◆デッキに入っていないChapter7注目カード

・《アスタロト》:手札が減らない効果はズルい。

・《バアル》:《スサノヲ》に匹敵する強化お化け。

・《ヴィシュヌ》:特にチェック効果付与は使い易い。

 

◆こだわり部分・心がけ

・Chapter7とChapter8の収録カードのみで構築しました。

・先攻でも後攻でも1アクション目に焼けたら焼きます。

 

■コメント

 名古屋CSで伊茶門氏が使用したWアイドルがベース。

 BCいとう立川のSCSで緑単を倒せず青黒にボコられて再考。

 どっかのSCSでヨグ氏が使用した青黒に影響を受けて改築。

 GCS前は最後となる立川公認3連戦中に完成した。

 完成後も《ペルセウスの破邪の剣》や《ディスペル》を検討。

 《ディスペル》は前日まで1枚くらいはと考えていたが諦めた。

 《インドラの矢》と《デストロイ》は喰らったら負ける。

 前日予選4戦と当日予選3戦は特大焼きを喰らわずに通過。

 最後は一回戦敗退だが、トーナメントの空気を感じられて良かった。

 次の機会があるのならば、トーナメントでも1勝はしたいなぁ。orz

PR
■キャスター
1C-002 三取 タイガ 1枚  HP:3
2C-001 旭 レイジ 1枚  HP:3
■Mユニット
1C-019 サルタヒコ 4枚  コスト:2
■Lユニット
1C-014 オオヤマツミ 4枚  コスト:2
1D-023 牛鬼 2枚  コスト:0
1P-016 ミヅチ 4枚  コスト:1
■コード
1D-104 デストロイ 4枚  コスト:6
2C-095 プロテクション 4枚  コスト:3
1C-078 神通力 雷火 4枚  コスト:1
1D-087 神通力 砕波 4枚  コスト:4
2C-069 神通力 迦具土 4枚  コスト:5
2C-071 神通力 鎌鼬 4枚  コスト:2
2C-072 神通力 金剛 4枚  コスト:1
2C-074 神通力 烈風 4枚  コスト:4
■アームズ
2C-099 神器 八尺瓊勾玉 4枚  コスト:1

赤単Lタヒコ3弾仕様<https://dreadnought-tcg.com/publish_deck?id=27>

公認成績は0勝2敗と2勝1敗。
赤単雷鹿、赤黒ベリアルに勝てて、
青単ミネルヴァ、青黄神速、赤黄酒呑童子に負けた。

前回の構築からアグレッシブなピーキーデッキに変更。
ウェルカムデッキなのだから、ガンガン攻めるようにした。
《雷獣》は《鎌鼬》になってRe追撃からAc連撃の手数重視に。
《水鏡》は《八尺瓊勾玉》になって「HP:1」でも生きるように。
《レジスト》も抜いたが、焼きを増加したのでナントカ。

Lサイズは相変わらずデメリットの塊で倒され易い。
唯一のメリットである手札差もReの手数が必要で目立たない。
4体アタックされれば、簡単にブレイクされて、無駄ログを消費。
1ターン目は必ずHP全損かLサイズのブレイクでターンが進む。
敵軍はLサイズが切れてから、攻めに転じれば良い簡単なゲーム。

自軍の勝ち筋は、焼きが通ってからのアタックボーナス頼り。
焼きを《暗黒の雲》《レジスト》《天眼》《ディスペル》などで
対策されたら、お手上げなのが実情。見かけはデカイが非常に貧弱。

Lサイズは公式大会では当たらないくらいカードプールの空気。
当たっても慌てずに確殺していれば、余裕の鴨ねぎ状態になるはず。
他のTCGなら「BP:240」や「ソウルガード」くらいあるんだけど。

将来、トーナメントにLサイズ4枚以上採用デッキが残る日は来るのか?
公認大会の絶滅危惧種なら、いっそ強力なMサイズを収録して欲しい。
使われないカードが増えるのは誰も得しないでしょうに。(´・ω・`)
■キャスター
 1* [-]天遊琳タケル
 1* [-]テオ・マグノリア
■Size:S (16)
 4* [0]足柄
 4* [2]ヤマトタケル
 4* [1]オルフェウス
 4* [0]ケリュネイア
■Size:M (16)
 4* [0]足柄 弐
 4* [1]ケイローン
 4* [1]テセウス
 4* [2]ヘラクレス
■コード (16)
 4* [1]神通力 金剛
 4* [4]神通力 烈風(奔流)
 4* [1]アテナの煌めく盾
 4* [1]アレスの猛き槍
■アームズ (2)
 2* [2]潮盈珠&潮乾珠

公認成績は3勝0敗。
青黒ビースト、青黒フリーゲ、青単ミネルヴァに勝てた。
Festa東京で使いたかったんだが、一身上の都合により不参加。
とりあえず、箸にも棒にも掛からぬデッキではなかったと一安心。

デッキ自体は3弾環境対応で前回から改築している。
抜けたのは《ネメア》《キントキ》《レジスト》《ディスペル》。
入れたのは《ケリュネイア》《テセウス》《潮盈珠&潮乾珠》。

Sサイズの変更は単純に先攻の取り易さ向上のため。
『俊足』がトリプルプラスで、《ヤマトタケル》ですら「A+++」になる。
このデッキでは『無敵』よりも大事な要素なので即決採用。

Mサイズの変更はシナジー外しとコスト軽減のため。
ビーストシナジーが無いのでレジェンドの隣に置いても無駄にならない。
『神速』は『動物愛』のようにコストも掛からないのでBP120安定。
後攻の際にはBP不足となるが、『猛攻』の打点はあるので即決採用。
4枚にしたのは自軍2手目のSMアタックが多い=M受けでMが枯渇対応。
『草薙ノ剣』→S受け、SMアタック→M受けが多かったので。

コードの変更はディフェンスを完全に諦めてアグレッシブにしたため。
4ログあったら《烈風》撃ちたいし、5ログ残すの大変だし。
「奔流」の選択は難しい。3ログ《烈風》よりも「増強」の方が良いかも。

アームズは先ず使ってみたかったので2枚を投入。
『加護』も非常に有効なのだが、『潮盈珠』の「増強」効果が有り難い。
『魂の絆』『共闘』『女装』『潮盈珠』の『草薙ノ剣』で160dmgを実現!
アビリティダメージは《金剛》や「覚醒」があるのでMサイズを狙い易い。
公認の最中も1度決められたので、思いの外に遠いコンボではないかと。

3弾環境は始まったばかりで、《夢の宴》や《レジスト》も少なくない。
『草薙ノ剣』が決まり難くはなったけれど、相手デッキ中のカードは有限。
撃って撃たれて、また撃てば、そのうち通る。
相手の残ログを確認しつつ《烈風》も絡めて、HPを狙いたい。

逆に相手にする場合は、全力で敵軍の《ヤマトタケル》を倒したい。
HP:0側に居ようが、《ヘラクレス》が隣に居ようが、《デストロイ》!
擬似4回アタックできるデッキなので、早くブレイクしないとヤバイ。

まあ、3弾のスタートはヤマタケ抜きレジェンドや反響アポ矢だった。
他の衰弱絡みや神速などに押されて、見かけることが少なくなるかも?
■キャスター
 1* [-]天遊琳タケル
 1* [-]テオ・マグノリア
■Size:S (16)
 4* [0]足柄
 4* [2]ヤマトタケル
 4* [1]オルフェウス
 4* [0]ネメア
■Size:M (14)
 4* [0]足柄 弐
 2* [1]キントキ
 4* [1]ケイローン
 4* [2]ヘラクレス
■コード (20)
 4* [1]神通力 金剛
 4* [4]神通力 烈風
 4* [1]アテナの煌めく盾
 4* [1]アレスの猛き槍
 2* [4]レジスト
 2* [5]ディスペル

公認成績は2勝0敗。
黒黄ナーガ、青単Lアテナに勝てた。
アビリティダメージが中心の相手には有用なのかな?
アタックがアグレッシブな相手とは分からん。
構築指針は最大公約数的なレジェンドビースト。
《足柄》《ヤマトタケル》
《足柄 弐》《ヘラクレス》《ケイローン》
《金剛》《煌めく盾》《猛き槍》は4積み確定。
他のカードに対する考えをメモランダムに。

先ずSサイズの"ビースト"は《ネメア》を採用。
《ペガサス》じゃない理由は先攻を奪取したいから。
「A+」と「A++」の差は最近になって特に大きい気がする。
採用頻度が高い"Type覚醒"のSサイズが「A+」だからか?
《ペガサス》の「英雄の加護」も悪くなはい。
だが、現実的なディフェンス90ラインは素のアポ矢くらい。
「反響」やら「龍眼」やらで上がるから頼りがいはない。
あとSサイズの枚数を増やすことも考えたが断念。悩ましい。

次にSサイズの"レジェンド"は《オルフェウス》を採用。
《ベレロフォン》じゃない理由は2つ。
1つ目は前項同様に「A」と「A+」の差。
スピードバーンの危険を考えても先攻を奪取したい。
2つ目は「女装」の回数を減らすため。
「英雄の歌」なら「女装」せずに「草薙ノ剣」を使用可能。
「魂の絆」や「共闘」で強化1枚さえ付けばSサイズを狙える。
「甲殻」「殺意」などに覚醒まで考えれば「女装」するが、
私は《金剛》や"Type覚醒"で追い着けそうなら「女装」しない。
「速攻」や「騎乗」も有用だけど"レジェンド"の枚数は有限。
《ベレロフォン》は"ビースト"優先のデッキ用と割り切った。

最後にMサイズは枚数調整の意味で《キントキ》を2枚採用。
《ケイローン》を"Type覚醒"で使ってしまうため枠を割いた。
Mサイズの軽コスト"レジェンド"ならば「動物愛」無くても……。

コードは《烈風》《レジスト》《ディスペル》の枚数比が難題。
デッキの成約上、1T目に4ログ以上のコードは使えない。(今は)
いずれも3枚以下でokなのだが、皆無にもできない。
《烈風》はトドメに加えて後攻時のオイノリにも使える。
オイノリは敵軍3回目のアタック要員に通ればHPが残る場面。
《レジスト》は140dmgくらいまでのS焼き対策。
コードだけではなくアビリティにも対応できる。
敵軍の「草薙ノ剣」「かちあげ」「ストライク」が怖い。
《ディスペル》は240dmgとか強制チェックとかへの対策。
アタックやアビリティに対するキャンセルもコードなら消せる。
例えば《眼光》《夢の宴》《フリーズ》《レジスト》など。
今は使用頻度的に4:2:2だが、3:3:2や3:2:3も大アリの環境次第。


戦略は「草薙ノ剣」を通してのタコ殴りだから単純明快。
戦術はCastで「共闘」だけを間違わぬよう概ねセオリー通り。
だけど「女装」や「英雄の歌」のFast使用場面は盤面次第。
あとは運を含んだ腕次第で、どうにも転びそう。う~ん。

ちなみに正しいデッキ種別は赤青レジェンドだろうね。
たぶん赤青ビーストってのも別に出来るはずだから。
■キャスター
 1* [-]アルフレッド・イースター
 1* [-]エイリッヒ・ダルマイヤ
■Size:S (16)
 4* [0]ケッテ
 4* [0]ゲフェングニス
 4* [0]ザルク
 4* [0]バーレー
■Size:M (14)
 4* [0]ゲフェングニスII
 4* [0]ザルクII
 3* [0]バーレーII
 3* [1]ベルフェゴール
■コード (20)
 4* [1]アテナの煌く盾
 4* [1]アレスの猛き槍
 4* [4]アスモデウスの眼光
 4* [1]ベリトの闇の鎧
 4* [1]ベルゼブブの魔風

公認成績は3勝0敗。
黄単スカンダ、青単Lアテナ、黄単シヴァLティロッタマーに勝てた。
L軸2回という公式環境の外だったので強さには不安が残る内容。。。
構築指針は単純にシングルクラスタのフリーゲを集めただけ。
コードはコンバットカードのみをガン積みで焼き対策は皆無。
さすがに《シヴァ》とか《アナンタ》とかヤバかった。
(見えない《リリスの夢の宴》警戒で撃たれなかったけど……)

《ベルフェゴール》が3枚なのは単純に手持ち不足だっただけ。
公認参加パックから4枚目を引いたので《バーレーII》と交換する。
あと逆襲は悪くないんだが、後攻が強みではないので変えたい。
フリーゲ縛りを外すならば、いっそ《シルト》でも良い気がする。
基本戦術は倒す予定が無いユニットに衰弱付けて殺意発動のみ。
アビリティやコードで焼かれるのは素直に受けてブレイクされる。
盾、鎧、魔風そして眼光があるのでアタックはキッチリ耐える。

とは言え、今回はダブル魔風に臆されず覚醒でアタックを通されもした。
冥風でもアタックを通されるまでは変わらんので困る。う~ん。

それと青はコード8枚だから、黒タッチ青と名乗るべきかね?
■キャスター
 1* [-]旭チヅル
 1* [-]三取タイガ
■Size:M (4)
 4* [2]サルタヒコ
■Size:L (10)
 4* [2]オオヤマツミ
 2* [0]牛鬼
 4* [1]ミヅチ
■コード (36)
 4* [4]迦具土
 4* [1]金剛
 4* [4]砕波
 4* [2]水鏡
 4* [1]雷火
 4* [2]雷獣
 4* [4]烈風
 2* [6]デストロイ
 4* [3]プロテクション
 2* [4]レジスト

公認成績は2勝1敗。
黒単衰弱、黒単甲殻に勝てて、
黒単衰弱に時間切れ。

前回の構築からは2枚を変更。
《デストロイ》2枚→《レジスト》2枚。

良く見たら《レジスト》も空撃ちできたので、
自由なタイミングで霊力吸収できる。
《ディスペル》は「敵軍がプレイ中の」コードが無いと
プレイすることができないので、やっぱり見送り……。
《ミヅチ》でも190+80=270に上がるので、
《インドラの矢》や《デストロイ》なら耐えられる。

あと初手の《水鏡》は本当に優秀。
Size:LにSSMアタック→ブレイク&ATボーナスでHP2枚残り、
HP2枚キャスターにMアタック→HP価値200でHP1枚残る。
《槍》や《花》を2枚とか貰えるなら、それはそれで。

当面の問題は、悩まれて対戦時間が伸びること。
まずはSize:Lへのアタックで悩まれるのは
多くの方々が未経験なので慣れてもらうしかないとして、
さらにReのBP計算でも悩まれることが多くて困る。

こっちはReを3回宣言することも珍しくないのに加え、
「霊力吸収」のTriggerと合わせてBP上昇回数が多い。
80[S]+110[M]=190dmg<120[M]+60[プ]+20(Trigger)=200def
→190+50[槍]=240dmg<200+30[金]+20(Trigger)=250def
→240+10[覚]=250dmg<250+0[雷]+20(Trigger)=270def
などとRe合戦を行うと「今いくつ?」って聞かれる。

これに「呪詛」や《魔風》で衰弱が絡むと思考量増大。
衰弱使いの方々には《魔弾》でブレイクしないとか、
「殺意」と《鎧》のアタック250dmgで倒せないとか、
普段は経験していないのかも知れない事態で手が止まる。

TCGはターンだけではなく、細かいフェイズやステップ、
タイミングが相手にもあり対局時計は向かないのだろうが、
せめて自分の思考時間くらいは把握したい。
一手に10秒以上かかるようなら精進しないとマズイなぁ。
■キャスター
 1* 恵比寿ユイ
 1* アルフレッド・イースター
■ユニットS(16)
 4* [0]愛宕
 4* [0]鞍馬
 4* [1]ツマツヒメ
 4* [0]飛騨
■ユニットM(12)
 4* [2]アメノウズメ
 4* [1]スセリヒメ
 4* [0]飛騨 弐
■コード(22)
 3* [2]神通力 鎌鼬
 4* [1]神通力 金剛
 4* [1]神通力 雷火
 3* [4]神通力 烈風
 4* [2]アポロンの降り注ぐ矢
 4* [1]アレスの猛き槍

公認成績は4勝2敗。
黄単ドラゴン、赤単反響、青単アテナ、黒単衰弱に勝てて、
青黒甲殻と黄単シヴァLティロッタマーに負けた。

元々赤単反響だったデッキを赤t青に改築。
クシナダヒメ4→ツマツヒメ4。
迦具土4→アポ矢4。
松坂弐2&鎌鼬1&烈風1→猛き槍4。

っで、今回のデッキでは、煌めく盾を入れなかった。
そもそも先攻なら鎌鼬、後攻ならアポ矢で相手のSを狙う。
通って敵軍SMアタック190前後されると、どうせ盾1枚じゃ無理。
M受けで使うとしてもスセリヒメ鬼神楽で200までじゃ危うい。
結局2枚以上必要になるからHPに影響しないのでS受けで良い。
後攻から敵軍SSにアポ矢外れたら敵軍Mに決死の烈風or爆風扇。
要は3回目のアタックが来なければ問題ない→盾不要という考え。

逆に槍は自軍先攻のSSアタック140をM&盾受けへの対策。
金剛、魔風、花でも同様。1枚に1枚なら対応したい。

負けパターンはディスペルなどでAcバーン失敗とか、
プロテクとかでSMアタック防衛されるとか、
デストロイなどで自軍Mブレイクのタコ殴りに遭うとか。
なので、眼光とかドラ矢とかも困る。

さらに改築するとしたら、やはりディスペル投入か。
削るカードに困るが、どうしたもんかなぁ。
■キャスター
 1* 旭チヅル
 1* 三取タイガ
■Mサイズ【4】
 4* サルタヒコ
■Lサイズ【10】
 4* オオヤマツミ
 2* 牛鬼
 4* ミヅチ
■コード【36】
 4* 迦具土
 4* 金剛
 4* 砕波
 4* 水鏡
 4* 雷火
 4* 雷獣
 4* 烈風
 4* デストロイ
 4* プロテクション

「ドレノパーティ2015 秋」のフリーバトルで5勝5敗のデッキ。
赤黄速攻、青単SD、黄単速攻、青黄速攻、黒単ダミーに勝ち、
黒単衰弱、黒単殺意、黄単乱風、赤青伝説獣、黄単乱風に負け。

何だかんだで黒単と黄単に負け越しという感じ。
黒単には《匙》や《眼光》で手数を削がれ、
黄単にも《魅惑》や《インドラ》で手数を削がれた。
《砕波》だけじゃ足りないので《ディスペル》入れたい。
入れたいけれど、もう枠がない。残念。
あっ、ユニットは14枚あれば、なんとか引けるらしい。はい。

L軸の存在は知っていても対戦は初めてという方が多かった。
「呪言」&《魔弾》の衰弱6枚を《雷火》で避けるMサイズとか、
《プロテク》《金剛》《雷獣》で340dmg要求のLサイズとか、
《迦具土》「気合いだめ」《烈風》とかは、愉しまれたかな?

LサイズはSMMアタック300dmgを耐えることが困難で、
アタックボーナスのデメリットが非常に大きいので、
CSなどで使うことはオススメできない。
(普通はLサイズ190+プロテク60+盾50=300ジャスト)
けど、ショップ大会くらいでは遊んで欲しい。
せっかくカードプールには存在するのだから……。
■キャスター
 1* シダルダ
 1* リツコ
■Sサイズ【18】
 10*ウマー
 4* カルティケーヤ
 4* ニーラカンタ
■Mサイズ【14】
 4* カルティケーヤII
 4* カーリー
 4* スカンダ
 2* ドゥルガー
■コード【18】
 4* アプサラスの誘惑
 4* インドラの矢
 3* ヴィシュヌの天眼
 3* ウシャスの夜明けの光
 4* ラクシュミの蓮の花

青単アテナと赤黒ゴモリーに勝てたデッキ。
何回もSサイズ引けず後手になったが……。

《ニーラカンタ》のタイプ覚醒を重視の種族単。
Cp2から《ドゥルガー》と《夜明けの光》も投入。
《夜明けの光》は盾や魔風をキャンセルできて優秀。

《ドゥルガー》は手札に加えて(2)要求が重過ぎる。
BP+30UPとは言え(2)金剛は使い難い。
実際、ログ不足で1回も使えなかった。
もちろん構築やプレイングにも問題はあるだろうが、
やはり(0)覚醒+20の「常勝不敗」が軽過ぎるんかなぁ。

単純なシナジーデッキなので面白くも難しくもない。
ぶっちゃけ30分で組んだデッキなので、短期決戦しよう。
■キャスター
 1* 旭レイジ
 1* 三取タイガ
■Mサイズ【4】
 4* サルタヒコ
■Lサイズ【12】
 4* オオヤマツミ
 4* 牛鬼
 4* ミヅチ
■コード【34】
 4* 迦具土
 4* 金剛
 2* 砕波
 2* 鳴神
 2* 破魔
 4* 水鏡
 4* 雷火
 4* 雷獣
 4* デストロイ
 4* プロテクション

黒単ベルゼブブと黒黄ゴモリーに勝てたデッキ。
まあ、初見殺しなだけだから、次はどうかなぁ。

デッキは公開済みのデザイナーズにCp2カードを追加しただけ。
初手のlog事故が多かったのでスサノヲを抜いて牛鬼にしたが。
レイジは手元にツナデが無いから。チヅルでも良いけど。

雷獣は「大暴れ」のダメージも上がるので4枚。
デストロイは天眼やディスペルを(普通は)要求できるので4枚。
お試し2枚の砕波(フリーズ)や鳴神(フィニッシュ)は増やしたい。
残念ながら破魔は使用感不明。ダミーになったくらい。。。

槍や盾が入る、青単や赤青、青黒、青黄の相手は無理かもなぁ。
HOMENext ≫
2008.09.07
ブログ開設
携帯電話はコチラ
プロフィール
HN:
ShuU(シュウ)
性別:
男性
職業:
System Developer
趣味:
TCG,Fishing,OnlineGame
自己紹介:

■モンコレTCG
《アース・ドラゴン》
●開始
・1997:緑箱。
●Aレギュ全盛(IC直前)
●Sレギュ休止(〜CM)
●Gレギュ復帰(MA1〜)
・2009:Annive 30位
・2011:MCGP2 95位
●Bレギュ参加(1A〜)
●20th参加(M20〜)
・立川でフリプ

■ZX_TCG
《刀の武人 龍膽》
●開始
・2012:体験会。
●現在
・2015:休止。

■DreadTCG
<赤>のクラスタ?
●開始
・2015:体験会。
●SeasonⅣ
・2017:GCS:32位タイ。
●現在
・細々と公認に出没中。

■Twitter
 @shuu_tweets
ブログ内検索
最新コメント
[09/17 レオ]
[07/31 レオ]
[07/31 レオ]
最新トラックバック
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
モンコレとは?
『モンスター・コレクションTCG』は【召喚】【進軍】【戦闘】によって【敵軍本陣】を攻め落とす陣取り系トレーディングカードゲーム。
ファイター(プレイヤー)はモンスターを操る【召喚術師】として様々な【パーティ】を組み、【スペル】や【アイテム】を駆使して、白熱の【対抗合戦】を繰り広げる。
戦略を詰め込んだ【デック】と運命を決める【ダイス】を握りしめ、いざ【六門世界】へ!
Twitter
 
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Copyright © [ ShuU's TCG Blog ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]